まちづくりに「合意形成」はいらないのか?~合意形成を求める陳情、不採択~

本日14日は都市建設委員会でした。
4月の閉会中の委員会が延期となり、
本来5月の閉会中の委員会は報告事項のみでしたが、
今日は継続になっている陳情の審議も致しました。

大山の再開発、大山駅前広場などに関する3本の陳情です。

うち2本の陳情(20号、72号)は「合意形成」に関したもので
土地の所有者や賃貸契約、仕事をしている人、大山駅周辺を利用しているなど、
地域の皆さんとの合意形成をしてほしい、というものです。

これに対して、自民党が不採択を主張し、
始め継続としていた公明党、民主クラブ(立憲民主・国民民主)も
継続少数となり、不採択へと態度を変えました。

合意形成をはかってほしいという区民の陳情を不採択するって、
みなさんどうお考えになりますか?