宇都宮けんじさん 板橋街宣 @大山&西台駅前

29日は 宇都宮けんじ候補を迎え
板橋区大山の文化会館前にて街宣。
その後、西台駅でも市民街宣。

大山での持ち時間は、立憲民主党、共産党、
そして私の社民党枠はそれぞれ3分

反貧困ネットワークなど複数の団体に身を置きながら
様々な理由で家を失い困窮している方の支援に奔走している
瀬戸大作さんとタッグを組んで
今日の日中はコロナ禍における困窮者支援を
予定していたこともあり、
瀬戸さんにも私の隣に立って頂き
コロナ禍での苦しい現状の報告を頂いた。

宇都宮けんじさんは、今回の都知事選でも
第1に貧困対策をあげている。
リーマンショックの時には年越し派遣村の名誉村長もし、
反貧困ネットワークでも代表を務めてきました。
選挙の直前の超忙しい時にも、
コロナでの貧困に困っている方の電話相談会に参加し、
電話相談を受けていたと言う。

50年の弁護士人生の中でも、
サラ金業者にも一目置かれ、
そして多重債務者には過払い金の返還の道筋を付けました。
豊田商事事件では、皆があまりやりたがらない
東京での管財人の仕事も引き受け、
法を駆使し約33億円を回収。
地下鉄サリン事件も被害者弁護団の団長、等々
いつもいつも、困っている人、社会的弱者に寄り添ってきました。

誰の人生に於ても、人生には「まさか」という坂があります。
その坂で躓いた時、それを自己責任とするのか、
それとも社会が支えてくれるのかで、
人生は大きく変わります。

この東京は、いつもの東京ではありません。
まさに「まさか」の坂に躓いている人がたくさんいます。
困っている人がたくさんいるのです。

宇都宮けんじさんには、そんな東京都のトップとして、
今まで培ってきた経験や法的知識を活かし、
手腕をふるってほしい。

この東京都を導くことができるのは、
信念を曲げず、諦めない、
真に強い、実直で優しい
宇都宮けんじさんしか、いません!

宇都宮けんじさんに、あなたの一票をお願いします!