新しい区議会報告レポートできました!

新しい区議会報告レポートが出来ました。

現在の私は都市建設委員会に所属しています。
ずっと問題になっているのが「大山再開発」関連の問題です。
前回もお知らせいたしましたが、今回はその後の経過と
新たな問題をご報告致しました。

大山の事だから… と自分の地域とは関係ないと思われる方が
いらっしゃるかもしれません。
でも、大山の問題は区内全地域に起こりうる問題です。
特に「東武東上線連続立体化」を悲願とする板橋区にとって、
東上線の「立体化」と言いつつ、いつの間にか勝手に「高架化」となり
周辺住民に今もなお明確な影響を知らせていない、
「測ってみなければわからない」というあまりにも無責任なやり方は
今後の計画の進め方の基本ともなってしまいます。

また、「大山駅前ひろば」も、ある日説明会に行ってみたら
はじめて自分の家や職場がその地域に指定され、立退きを迫られるという
そんな計画となっています。

どちらも、自分が知らないうちに計画だけがどんどん進んでしまっている、
そんな状況です。

そして、2つ目は、大山再開発と同じように
知らないうちに進められていた問題が「羽田新ルート」の問題です。
2月12日までに新ルートの実機飛行試験が行われましたが、
それで初めて、低空で次々と飛ぶ飛行機を見て
驚いた方も多いのではないでしょうか。
ネット上でも、そのような声が溢れていました。

この件についても、私は計画が発表された頃からずっと取り組んで参りました。
区議会へも羽田新ルート計画に対しての陳情がずっと出され、
先日の区議会にも3件の新ルート関連の陳情が出されましたが、
すべて「不採択」となっています。
中には「説明会をしてほしい」と言うものまで、不採択とされています。

また、昨年末には後出しじゃんけんのように、
3、45°での着陸と言う、さらに新たな安全の確保に関しての問題が追加となっています。

元JALのパイロットで、香港のスペシャリストと言われた杉江 弘氏のお話を伺い
その中での問題提起を盛り込みながら、報告を致しました。

是非、一人でも多くの方にご覧頂けたらと思います。
先日2月21日の新聞に折り込みを致しましたが、
全ての種類の新聞の区内全域には入れることが出来ませんでした。
ご希望の方はお知らせ頂けましたら、お届けいたします。

また、ご近所に数軒でもポストインしてくださるよと言う方も
大募集です。

政務活動費を使っての発行ですので、いわば皆様の税金です。
どうぞご覧ください。