緊急気候マーチ0422 板橋区役所前スタンディング

【緊急気候マーチ 0422】

庁舎前スタンディング @板橋区役所前

気候変動はもうまったナシ!
若者が「あと4年 未来を守れるのは今」キャンペーンをし

「化石燃料も原発も使わない持続可能な再エネ100%の気候・エネルギー政策」
を求めて15万筆を超える署名を集めました。
これは、この板橋だけの問題、日本だけの問題ではなく
世界全体の問題です。
私は「ストップ気候危機!自治体議員による気候非常事態・協働宣言」
の賛同議員として参加し、板橋区議会の中でも賛同してくださる議員を募ってきました。
今日のスタンディングには、
石川すみえ議員(共産党)
渡辺よしてる議員(立憲民主党)
山内えり議員(共産党)
そして 私 五十嵐やす子(社会民主党)
が参加しました。
また区民の方もご参加くださり、マイクも握っていただき、計9人の参加となりました。
風が強くて難儀しましたが、
昼休みで外に出てきた多くの区の職員さんなどにアピールできました。

今日は、日本各地で庁舎前スタンディングをはじめ、
様々な団体が様々な場所で様々な取り組みをしています。
日本だけでなく世界中で取り組みが行われ、
アメリカのバイデン大統領も、22日に世界気候サミットをと呼び掛けています。
今が良ければ、それで良いのではありません。
これからの未来を生きる若者、子どもたちが、今と同じ当たり前な生活を送るには
私たちは気候変動をストップするために、
ゼロカーボンの政策に大きく舵をきることが必要です。
この現実を受け入れることが必要です。
そして誰かが一人で頑張るのではなく、
みんなの未来のために、一人ひとりが取り組む事が必要で、それは今です