板橋区2021年度予算案

2021年度 当初予算案が発表されました。

コロナ禍という異例な中での予算編成です。
命と暮らしを守る予算編成となっているのか、しっかりと見て行きたいと思います。
皆さまのご意見も頂けましたら幸いです。

以下は、板橋区のホームページより。

令和3年度当初予算案の概要

令和3年度予算の一般会計予算額は2,209億4千万円、対令和2年度比9億7千万円、0.4%の減となりました。

令和3年度予算の編成においては、予算要求時点(令和2年10月)で142億円の財源不足が生じており、令和2年8月から取り組んでいる緊急財政対策のもと、査定による経費の圧縮や財源の確保を図ってまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大や国の不合理な税制改正の影響に伴う減収により、最終的に財源不足を補うための財政調整基金から64億3千万円の繰り入れる厳しい財政状況となりました。

歳入では、特別区税が納税義務者数一人当たりの所得額の減などにより、対令和2年度比で10億円の減となり、特別区交付金についても、地方法人課税の税制改正の影響及び企業業績の悪化などにより、対令和2年度比26億円の大幅な減となりました。

歳出では、土木費が小茂根一丁目住宅改築や東板橋公園をはじめとする公園改修の完了などにより、対令和2年度比28億円の減、教育費が中央図書館改築の完了、板橋第十小学校改築の進捗などにより、対令和2年度比13億円の減となる一方、福祉費が待機児童対策の推進に伴う私立保育所保育運営経費や、(仮称)子ども家庭総合支援センター建設・開設準備経費の増などにより、対令和2年度比28億円の増となりました。

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kusei/zaisei/yosan/1027956/1027958/1030766.html?fbclid=IwAR1h1byzaNZO40ypeuUnIYQjDwaAPK06DwkDj1pT_vHpiBsvE5-cvmj7FaM