加賀の街歩き

本日は、加賀の街歩きの会に参加しました。

野口研究所の跡地 マンションが建ちます

加賀は常盤台とあわせて、板橋区の景観条例でも定められ、
また区民主体の街づくりも盛んな地域です。    

地名も加賀藩の前田家の下屋敷があった地として、
加賀と命名されています。

加賀は、今までも個人的に何度もきてはいますが、
街づくりについては、一緒に説明してもらいながら
歩いてみないとわからないことが、たくさんあります。

マンションとマンションの間に、通路を作っているのも、
区民の方の活動の成果です。
(街づくりの方は「けものみち」と言っていました)
この「けものみち」があるか ないかで、住まう利便性が全く違うと思います。
住むということは、毎日のことになりますので、
それを話し合いの中で決めていくことの大切さは、計り知れません。

また、歩道からマンションの壁面までの距離を、
公共施設に合わせてゆったりと取り、距離を合わせることで
街の美観や統一性を保っていたりなど、
素晴らしい成果があります。

一つひとつの事例を直に拝見し説明を受けながら、
住民が街を作って行くって、こういうことなんだぁと、改めて思いました。

話し合いの場がある、そして街づくりに参加する住民がいる、
素晴らしいことです。

そして、もう一つのお目当ての、「史跡公園」、 
以前よりも以前より中がよく見えました。

水道局の上が公園。
何も作らないことにこだわったそう。
夏は青々とした芝生に。
とても貴重な空間です。

この辺りは軍需工場(火薬)があり、戦後、国から払い下げを受けた土地なため、個人の住宅は基本ないのだそうです。