会派について ご報告

3度議会へと送り出して頂き、
新たな4年間を活動するにあたり、
「会派」をどのようにするのか、誰と組むのかということが
1つの大事な土台となってまいります。

そこで、さまざまな話し合いや交渉を致しましたが、
他の会派から提示されました条件が
是々非々で考えることを基本としております私としては
受け入れることができない条件であったりなど、
会派を組むには至りませんでした。

結果、今までともに会派を組んで活動をしてまいりました
長瀬達也議員、南雲由子議員と3人で会派を組むことと致しました。

今までと同様、
平和、脱原発、弱者の視点
を基本の約束とする「市民クラブ」で新たな4年を活動していきたいと思います。

ただ、板橋区議会では4人からが正式な交渉会派となるため
市民クラブは交渉会派にはなることができず、
幹事長会議への参加は不可となってしまいました。
議会運営会議には、オブザーバーとしての参加は認められました。

議場への国旗の掲揚や国旗への敬礼などを求める陳情が採択されてしまい、
そのことをどのようにしていくのか、
本来は全会一致の約束なのですが、どのように話し合われるのか
とても気になるところです。